※ドッグフードのドライタイプ@目的別おすすめランキング2018

ここではドッグフードのドライタイプおすすめ商品を特徴と用途別でランキングにまとめました
※ドッグフードのドライタイプ@最新おすすめランキング2018
ドッグフードのドライタイプをお探しの方
ドッグフードのドライタイプでおすすめは?

 

と言った方のお役に立てれば嬉しいです。

ドッグフードのドライタイプおすすめの選び方

ドッグフードのドライタイプ選びは、キャッチコピーに着目して選ぶのがおすすめ!

 

ドッグフードのドライタイプおすすめの選び方
ドッグフードのドライタイプともなると本当に数多くの商品があるので迷いますよね。

 

でも、どのドッグフードもパッケージに商品特徴を表す大きな文字が書いてあるはず。

 

この大きな文字つまりキャッチコピーはそのフードを使うメリットを教えてくれます。

 

その意味が分かれば、愛犬に合うドッグフードおすすめ商品が選びやすくなりますよ。

 

もし、ドッグフードのドライタイプで迷ったらキャッチコピーに注目してみましょう。

 

例えば、こんな感じですね。

  • グレインフリー・・・穀物不使用のドッグフード、低炭水化物。
  • ヒューマングレード・・・人間も食せる程の安全と新鮮が売り。
  • グルテンフリー・・・グルテンを排除。アレルギー症状に注目。
  • 全ライフステージ対応・・・愛犬の年齢に関係なく使えるもの。
  • 食べやすい小粒タイプ・・・子犬や小型犬も安心して食べれる。
  • イギリス産、国産・・・英国はペット先進国、国産なら安全性。

いかがでしょうか?

 

普通に意味がわかるものもあれば、何だかカタカナで凄そうな感じのものありますね。

 

最近は、ドッグフードのドライタイプも目的に合わせて使い分ける時代とも言えます。

 

参考までにドッグフードのドライタイプおすすめ商品をいくつかご紹介しておきます。

 

気になるドッグフードのドライタイプがあれば、まず1度確認されてはどうでしょう。

 

ドッグフードドライおすすめ1位 モグワンドッグフードの特徴
モグワンドッグフードの特徴は、
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • ヒューマングレードの原材料ぜ
  • 全犬種・全ライフステージ対応
  • 獣医学雑誌「MVM」にて掲載
  • 着色料、香料を使っていない
  • 動物性&高タンパク質50%以上
といった感じです。
価格
1.8kg@税抜3,960
評価
評価5
備考
チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(U)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ココナッツオイル、バナナ、リンコ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、乳酸菌
ドッグフードドライおすすめ1位 モグワンドッグフードの総評
モグワンは全犬種・全ライフステージ対応のドライタイプのドッグフードなので、愛犬の種類や年齢関係なくいつからでも使い始めることが出来るのがいいですね。今日から切替えて使い始める事も可能ですね。

また、今注目のグレインフリードッグフードでもあるので食いつき重視派はもちろん、老犬・シニア犬にも消化吸収が良く、その上で着色料や香料などの添加物も入っていないのもおすすめポイントと言えますね。

さらに、ヒューマングレード食材だけ使用しているのも安心ですね。獣医学総合情報誌「MVM」にもスペシャルフードとして掲載されるのも納得です。愛犬に健康で長生きして欲しい真の愛犬家におすすめです。
ドッグフードドライおすすめ2位 カナガンドッグフードの特徴
カナガンドッグフードの特徴は、
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • ペット先進国イギリスから直輸入
  • 【SAI GLOBAL】クラスA工場製造
  • 全犬種・全ライフステージ対応
  • 子犬・小型犬が食べやすい小粒
  • 野菜やハーブが配合されている
といった感じです。
価格
2kg@税抜3,960
評価
評価4.5
備考
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、メチルスルフォニルメタン(MSM)1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ
ドッグフードドライおすすめ2位 カナガンドッグフードの総評
カナガンは、ペット先進国イギリス産のドッグフードだけあって、国際規格「SAI GLOBAL」クラスA工場で生産するなど、かなり安心安全にはコダワリを持って作られたドッグフードといった感じを受けますね。

英国と言えばドッグショー発祥の地。今注目のグレインフリーだけでなく、高タンパク&低炭水化物、野菜やハーブを配合するなど健康的なカラダと美しい毛並みを意識して開発されたドッグフードだと思います。

ドライタイプのドッグフードでも小粒タイプで食べやすく、子犬や小型犬のうちから美容と健康を意識したカラダ作りを目指せると思います。愛犬の健康だけでなく美容面も大切にしてあげたい方におすすめです!
ドッグフードドライおすすめ3位 ファインペッツ(FINEPET'S)のドッグフードの特徴
ファインペッツ(FINEPET'S)のドッグフードの特徴は、
  • 全犬種・全年齢に対応している
  • ヒューマングレード原材料使用
  • 肉類の原材料割合比率が80%
  • 化学合成添加物の一切不使用
  • 中国産の原材料を一切不使用
  • 牛肉&牛肉関連を一切不使用
といった感じです。
価格
1.5kg@税抜3,394
評価
評価4
備考
鹿肉、鶏肉、オートミール、大麦、全粒米、鶏脂、グリーンピース、ポテト、豆類繊維質、リンゴ、サーモン、鶏レバー、サーモンオイル(オメガ3・オメガ6)、チコリ抽出物、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、フラックスシード、ビール酵母、全卵粉、昆布、パセリ、ローズマリー、セイヨウイラクサ、カモマイル、セージ、タイム、コリアンダー、セイヨウタンポポ、甘草、魚介類抽出物(グルコサミン0.03%)、ユッカシジゲラ抽出、コンドロイチン0.01%
ドッグフードドライおすすめ3位 ファインペッツ(FINEPET'S)のドッグフードの総評
ファインペッツ(FINEPET'S)のドッグフードは、化学合成物、中国産原料、牛肉&牛肉由来素材、これら一切使用していないとのこと。安全・安心面をとことん追求して作られたドライフードといった感じですね。

基本的にヒューマングレードの原材料ににこだわっていて、さらに放射能検査についても徹底しています。肉類原材料の80%が鹿肉、鶏肉、鮭肉といったアレルギー性の低いものを主原料として構成されてます。

今現在、愛犬にドライタイプのドッグフードを使っていて安全面での不安や体調がよくない等のお悩みのある方は、初回お試しパックが1,000円で用意されているので1度試してみても良いのではないでしょうか?

グレインフリードッグフード

グレインフリードッグフードというのは穀物不使用のドッグフードのことになります。

 

犬は、本来肉食なので、動物性タンパク質の方が消化吸収しやすい体になっています。

 

人間にとって主食である穀物類は、本当は犬たちにとって消化しづらい食材なんです。

 

でも、市販ドッグフードのドライタイプには、穀物を多く使ったものも結構あります。

 

人間が食べる物を欲しがって喜ぶからという理由だけで与えてたりしてはいませんか?

 

人間でもそうですが、犬たちも他人が食べているものは美味しそうに見えるはずです。

 

だからと言って、カラダの構造上消化しづらい穀物を食べさせ続けるとどうでしょう。

 

グレインフリーは犬たちの消化吸収しやすいドッグフード選びにおすすめと言えます。

ヒューマングレードドッグフード

ヒューマングレードは人間も食べられる基準のドッグフードという意味になりますね。

 

人間が食べられる基準の食材であれば犬たちも安心して食べられるという発想ですね。

 

でも、この場合「人間用の素材=犬に適した素材」ではなくまず鮮度で考えましょう。

 

犬は肉食動物なので、人間の主食である穀物は消化しづらい素材とも言えるからです。

 

だからヒューマングレードは人間も食せる新鮮さを持つドッグフードと考えましょう。

 

また、ドッグフード用だからと人間なら廃棄する素材を使った物もあるか心配ですね。

 

原材料として狂牛病や鳥インフルエンザなどで心配な食材を使用していたら問題です。

 

そういう危険を防ぐためにもヒューマングレードドッグフードはおすすめと言えます。

無添加ドッグフード

無添加ドッグフードとは、保存料、着色料、香料など人工添加物のないフードのこと。

 

ドライタイプドッグフードのメリットは長期保存のしやすさにあると言えるでしょう。

 

その結果、市販のドライフードには酸化防止材など添加物が入っている物が多いです。

 

また、ドライタイプフードの場合は食いつき向上に添加物が使われる場合もあります。

 

でも、添加物が多いドッグフードを与え続けるのは将来の健康面を考えると心配です。

 

また、添加物の多いドッグフードは犬の口臭の原因になる意味でもおすすめしません。

 

ドライタイプドッグフードでも無添加のものならこういった心配を防ぐ事ができます。

 

私がドッグフードのドライで一番おすすめなのは?

ここまでドッグフードの中でもドライフードのおすすめについてご紹介してきましたが、私が一番おすすめしたいのは、やはり1位のモグワンです。
私がドッグフードのドライで一番おすすめなのは?
モグワンは、穀物不使用のグレインフリー、ヒューマングレード原材料、全ライフステージ対応、着色料や香料不使用などドライタイプドッグフードのおすすめの選び方をほとんど抑えているのがいいですね。

 

また、ドライタイプのドッグフードでは食いつきが悪いという声が多いにもかかわらず、実際に購入した方の97.8%が食いつきの良さを実感できたとの口コミや評判もありその満足度の高さが伺えますね。

 

獣医学情報誌「MVM」でスペシャルフードとして紹介される程なので、愛犬の健康面から考えてみても、おすすめのドッグフードと言えるかと思います。

 

これまで、いろんなドライタイプのドッグフードを試してけど無駄になった経験があるとか、何を選んで良いか分からなくなった方は1度試してみても良いのではないでしょうか?

 

今注目のグレインフリーであること、原材料の安全性、切替えやすさ、食いつき満足度、口コミの評判などをトータルで考えるなら、モグワンがドッグフードドライタイプではダントツの1位でおすすめです!